お客様紹介

木のすまい仕様の家
木漏れ日劇場

【シリーズあれから5年】

 姫路市Y様邸は、奥さまが見守る小高いデッキで木陰の森を背に、お子様が飛んで、跳ねて、腰かけて、自在に遊べる伸びやかな家。

 「正直、木の家を建てるとは思っていませんでした(笑)当初のイメージはコンクリート打ちっぱなしの家でしたから。でもヤマヒロさんの家を見てピンと来たんです。」とご主人。「実際に泊まってみて、こんな家なら子どもたちが伸び伸びと育つと思いました。庭とか腰を下ろせるデッキとか...。その後、モデルを訪れるたびにどんどん好きになっていきました。」という奥さま。

 建築用地は、すぐ南側に三階建ての奥さまの実家が建つ土地で、日当たりが大きな課題でした。暮らしインタビューを行う中で出てきたのは、たくさんの要望。中でも一番は"子どもの姿がいつでも目に入る家"でした。「正直、一回では絶対にプランはまとまらないと思っていました。プランプレゼンは期待半分、不安半分。でもヤマヒロさんのプランを見て、この家が、ほしい!って、心から思いました。」と話されていた奥さま。

 実現したのは、陽ざしが降り注ぐデッキでお子さまが伸び伸びと駆け回れる住まい。夏の昼は陽射しが木洩れ日を作り、秋冬はご実家の建物が作る木陰に落葉や枝蔭が映える『木陰の森』のような庭を設計。さらに、家の中から見て『森』に奥行が感じられるように、庭に丘を作り緩やかな下りの勾配を作りました。そしてリビングよりデッキを一段高くすることで、キッチンに立つ奥さまから見ると、『森』を背景に子ども達が伸び伸びと遊ぶ舞台に見えるような家が完成。リビングとデッキ、庭との関係、視線の行方を丁寧に設計し、落ち着く空間になりました。

 「木洩れ日劇場」と名付けられたY様邸。今日もお子さま達がデッキで伸び伸びと遊びながら、健やかに成長されています。木漏れ日劇場
[設計・施工]
ひょうご木のすまい協議会 正会員
株式会社 山弘

私たちが木の家をかたちにいたします

兵庫の木で作る注文住宅は、私たちが作ります。また、兵庫県のバックアップをうけ「県産木造住宅10倍増作戦」で兵庫県産木造住宅・木の家をご提供。

ページトップへ