お客様紹介

木のすまい仕様の家
懐かしく心地よい家

【シリーズあれから3年】

お客様のご要望はこんな話から始まりました・・・。

二十数年このマンションで暮らし、子供たち二人は独立し、これから夫婦二人の生活になるのを機にリフォームを考えたい。今は二人とも働いているので、奥様は家事動線を効率よく考えてほしい。また自然素材の物を使用してほしいが、和・無垢が協調しすぎるのはあまり好まない。

ただ何となく懐かしいさを感じるような家が好ましい。今でいう和モダン?何気ない毎日を自分たちらしく愉しみながら暮らしたい。趣味の場、食事の場、なにもせず、ぼぉっ~としててもいいじゃなぃ!自分のうちだから。

でも、安心・安全にも暮らしたいよね。できるなら手間を掛けずに・・・。人も年齢と共に変わりゆくもの。木や石や自然の物も人と同じ。それは少しはケアが必要と云う話をしながら。自分たちらしい心地良さを求めたい。そして暮らしを変える。

そして、完成した50代ご夫婦2人住まいのプランです。二人で一緒に過ごす時間がこれから長いので、お互いの気配を感じながらも、それぞれが思い思いの場所で気兼ねなく過ごせるように考えました。

創作活動ができる書斎兼家事コーナー、小上がりの畳コーナー(畳下収納庫にはお子様達家族の思い出のアルバムが一杯)。リビング床はウォールナットの挽き板、横になりTV鑑賞。長いカウンターを配したダイニング。様々な"居場所"を設けました。その時々の気分で、自分の"居場所"を見つけることができます。

内装にはウォールナットの挽き板の床材や漆喰塗を使用した壁。掃出し窓には格子建具で透過する障子としました。カウンターや框などは兵庫県の杉を使用。一歩中に入ると行燈の様な照明がお出迎え、さらに菓子木型が何かなつかしさを感じられる平屋建て住宅のような住まいと共に、これからも歩んでいかれます。


 

 

[設計・施工]
ひょうご木のすまい協議会 正会員
ワーク・アンド・デザイン株式会社

私たちが木の家をかたちにいたします

兵庫の木で作る注文住宅は、私たちが作ります。また、兵庫県のバックアップをうけ「県産木造住宅10倍増作戦」で兵庫県産木造住宅・木の家をご提供。

ページトップへ