お客様紹介

木のすまい仕様の家
兵庫県産木材と自然素材で建てる 今風の木のすまい

【シリーズあれから1年】

 S様との出会いは平成2910月。宮下木材と宮下をご存じのご両親からご紹介を受けてお話を伺いました。敷地は畑に使っていた土地を使いたいというご相談でした。木の家をというのはご両親の勧めで、S様ご自身は当初ピンときておられないながらも、漠然とした木の家の良さに惹かれておられるご様子でした。

農地転用の申請や所有権の問題など短い期間で話を進めて行く中で、資金計画として兵庫県の木造住宅ローンを活用したご提案もさせていただきました。

   打合せでは、共働き夫婦なので、暮らし始めてからの家事の分担や家事動線を考え、ウッドデッキと脱衣室の間に杉材の調湿効果を活かしたランドリールームをご提案。外観はガルバリウム鋼板の外壁が好みというご夫婦、色は濃い色が好きなご主人様と明るい色の好きな奥様とで話しあい、ガルバリウム鋼板と兵庫県産杉の仕上げ材を使った濃い色の中にも木の色が際立つ素敵な外観としました。上棟時は杉と桧の香りがただよいご夫婦も自然と笑顔になっていきました。

 完成した木の住まいはシンプルな切妻屋根をベースに外壁と屋根にガルバリウム鋼板を使い、内装には紙クロスと兵庫県産杉材を床・壁・枠にふんだんに使った木の香りいっぱいの住まいになりました。窓は樹脂窓を使い、断熱材には自然素材のセルロースファイバーを使用。お引渡しのときのご夫婦の笑顔が、これからの楽しそうな暮らしぶりを想像させてくれました。

 それから1年、木の住まいに暮らした感想を伺いました。「兵庫県の木造住宅ローンの良さが今になってよく分かり、当時アドバイス頂けて感謝しています。冬でも杉の床が暖かく、セルロースファイバーが効いているのかエアコンも動かすことは少なかったです。室内が暖かいからそのまま薄着で玄関を出ちゃって、外のあまりの寒さに驚くこともありました。()」と建てられた木の住まいの良さを楽しむ暮らしぶりが伺えました。

[設計・施工]
ひょうご木のすまい協議会 正会員
株式会社 宮下

私たちが木の家をかたちにいたします

兵庫の木で作る注文住宅は、私たちが作ります。また、兵庫県のバックアップをうけ「県産木造住宅10倍増作戦」で兵庫県産木造住宅・木の家をご提供。

ページトップへ