株式会社 宮下

集落にとけこむ数寄屋風の家

⑯-1(外観) (2).jpg
敷地内には100年を超える木造住宅が5棟。造材の老朽化と室内の段差解消(バリアフリー)の為に2棟を建て替えることになりました。古くからの田園風景、残す建物、前栽の庭・塀を配慮して調和するように、リビングから前栽を、和室からは縁側を通して中庭を望める計画。段差と温暖差のない暮らしやすい木の家になりました。
⑯-1(外観) (1).jpg

■玄関・ホール
桧無垢造作のオリジナル引違い戸とランマで仕上げた玄関。丸窓には旧宅にあった障子を再利用して、光を柔らかく取り込みました。
玄関・ホール (1).jpg
玄関・ホール (2).jpg

■リビングダイニング
床や天井は横架材を現しで使う化粧梁としました。垢材の天板をふんだんにつかったオリジナル家具や前栽をながめる濡れ縁につながります。ペレットストーブを置いているので、冬は火のある暮らしで日々を豊かで暖かいものにしてくれます。
リビングダイニング (4).jpg
リビングダイニング (3).jpg

リビングダイニング (2).jpg  リビングダイニング (1).jpg

■和室
8帖と6帖の2間続き、仏間・床の間を備え、真壁仕上げとした本格和風。戸板は旧宅にあったものを再生してオリジナル建具に仕上げました。和室.jpg

■2階洋室
洋室 (1).jpg  洋室 (2).jpg

■洗面脱衣室
標準仕様の全面杉板張りの洗面脱衣室。洗面台や収納もオリジナル造作で仕上げました。
⑯-5(洗面室).jpg

■トイレ
⑯-5(トイレ).jpg

2017年竣工


私たちが木の家をかたちにいたします

兵庫の木で作る注文住宅は、私たちが作ります。また、兵庫県のバックアップをうけ「県産木造住宅10倍増作戦」で兵庫県産木造住宅・木の家をご提供。

ページトップへ