高品質 長寿命住宅

高品質な木造住宅を提供しています木材の性質や特徴の一つには、組織構造が多孔性であり、完全に密封されていない中空層を多く含んでいる性質があります。
その為、密度が低くなり熱伝導率は小さくなります。
すなわち、断熱性が高いのです。

また、湿度が高い日本にとって大切な湿度調整機能を木材はもっています。 古来より日本で建てられた歴史的建築物は木材でつくられています。それだけを見ると長寿命住宅には木が適しているといえますが、それだけでは駄目だとひょうご木のすまい協議会は知っています。

日本の伝統的な骨太フレーム、柱4寸角を採用し、軸組み壁工法、真壁造りを基本として高品質をつくりあげていくこと。また、使う木材の性質を良く知り、敷地を読み、地域の気候条件や微気候を考慮した家でありながらお客様の希望にそうよう努力をしていく家づくり。

その後、家を造っただけでなく、メンテナンスが必要なときに、必要な提案やメンテナンスをしていくこと。そうしたことに、ひょうご木のすまい協議会はかかわっていきたいと心より願っています。

産地・品質・性能が明確 県産木の無垢材を使用

産地・品質・性能が明確 県産木の無垢材を使用

木材の生産者・加工者を明らかにしてます。これは、私たちがその製品に自信を持って、お客様に提供している証でもあります。木材の生産者・加工者の 顔が見えることで、安心を得る事ができます。 その証に産地見学ツアーを実施しております。生産地が近いということは、生産現場を容易に確認することができるということです。

骨太フレーム・柱4寸角を採用

骨太フレーム・柱4寸角を採用

「木の家」は柱、梁共は骨太フレーム・柱4寸角を採用し、ほぼ全てが化粧材です。
しっかりした構造と木の美しさを、住んでいる中でご実感いただけると思います。

構造、地盤をしっかり地震にとても強い建物

構造、地盤をしっかり地震にとても強い建物

コンクリートや鉄の方が木材より強いと思っていませんでしょうか? 実は木材の引っ張り強度は鉄よりも強く、圧縮強度はコンクリートよりも強いとされています。 構造、地盤がしっかりしていれば木の家は地震にとても強い建物なのです。 構造躯体には「構造金物」を構造計算に基づき各所に取り付けてます。

自然素材断熱セルロースファイバー

自然素材断熱セルロースファイバー

木造住宅は自然換気がよいので寒いと思われがちですが、「木の家」は夏は涼しく、冬は暖かいのです。 というのは、自然素材の断熱材セルロースファイバー(天然木質繊維)を採用しているからです。

*セルロースファイバー:マット状やボードの断熱材では細かい部分に断熱材を入れることは困難ですが、セルロースファイバー(天然木質繊維)の吹き込み工法なら、手の届かない部分の充填も可能。隙間から熱損失を小さくし断熱性能を最大限に発揮します。

ひょうごの木の家 無垢フローリング

「木の家」の無垢フローリングは身近な樹種である杉・松・桧といった針葉樹系材です。クリ・ナラ・ケヤキなどの広葉樹系の材料に比べて柔らかい素材ですので、無垢フローリングで柔らかさは肌触りの良さなどより実感いただけます。

つぎへ

私たちが木の家をかたちにいたします

兵庫の木で作る注文住宅は、私たちが作ります。また、兵庫県のバックアップをうけ「県産木造住宅10倍増作戦」で兵庫県産木造住宅・木の家をご提供。

ページトップへ