自然・省エネ素材へのこだわり

地元の木で住み継ぐ家を建てよう木の家だから自然であると考えますが、私たちが住む関西地区の気候と、海外や東北地区などの気候が違うのは誰が考えても同じではありません。また。ウッドマイレージという言葉がありますが、輸送コストを掛けずに・・つまり化石燃料を使わずに木材を運ぶことは地球温暖化防止にもつながります。地産地消の言葉があるように地元、兵庫県産の木材を使うということは家が建つ地域の気候や風土にあった、より自然で健康的なエコ素材だと私たち、ひょうご木のすまい協議会は考えています。

兵庫県の木材は、兵庫県の大気中の二酸化炭素と兵庫県産の水、太陽エネルギーによって作りだされたものです。だからこそ、兵庫県の木で建てる、ひょうご木のすまい協議会の家はより自然であり、自然にやさしい家だといえます。そして、伐採した後に苗木を植えれば、環境負荷の少ない、循環資源といえます。

毎年2回産地見学ツアーも開催しています。自分達が住む木材をはぐくんだ森を一度見学しに来てください。そして自分達が住む兵庫県の自然を感じに来てください。

また、家を建て、何十年後にリフォームやリノベーションをする時にも、ひょうご木のすまい協議会が建てた家は新築時と同じように、同じ兵庫県産の木材を使ってできるのです。

ウッドマイルズという考え方

ウッドマイルズという考え方

ウッドマイルズとは、ウッド(wood)、マイルズ(miles)という字の如く、木材の輸送に関する新しい環境指標です。近くの山の木で家を建てることは、木材の輸送を抑えることができ、輸送時のCO2削減にもつながります。

木の家は、CO2を固定できる

木の家は、CO2を固定できる

木材が育つ森林は、その成長過程において多くの二酸化炭素を吸収し、木材となってからも炭素を固定し続けます。つまり、木で家をたてるということは、CO2を固定し続けることができるわけです。また、木材は再生可能な天然資源であり、製造エネルギーが極めて少ない建材のひとつです。

持続可能なサイクルをつくる

持続可能なサイクルをつくる

 若い木は成長のためにCO2をたくさん吸い込みますが、年をとると徐々にその量が減っていくと言われます。そのため、人工林では成長のピークを過ぎた高齢木を伐採して使い、また新しい若木を育てていくことが大切になってきます。
植え、育て、伐採して活用し、また新しい木を育てる。

 森林を守ることは、まさにサステナブル(持続可能な、という意味)なサイクルをつくり出すことなのです。

捨てるところがない材料

捨てるところがない材料

原木から採れる太い木材は、無垢材として柱や梁などに使いますが、残りの細い木材は集成材に加工することで、有効な資源とすることができます。細かくしておが粉を作ること、牛舎の敷料やキノコの菌床としても利用できます。

また、払った小枝なども粉砕して、ス-パーウッドという合成木材として再利用するなど、地元の木は使い切ることのできる材といえます。

200年住宅という家づくり

200年住宅という家づくり

200年住宅、最近では長期優良住宅という表現に変わってきましたが、これまで諸外国に比べ短命といわれてきた日本の家も、国の施策もあって長持ちする家にシフトしようとしてきています。全国で地元の木を使った先導的モデル事業が提案され、ここ兵庫でも、兵庫の森の木をつかった案が選択されました。

住み継げる家は、エコな家

住み継げる家は、エコな家

自然の恵みというイメージだけでなく、様々な面でエコロジーに貢献している。近くの山の木で建てる家づくり、近くの山の木を、無駄なく使い、丈夫で長持ちするように建てるということは、地球にやさしい家づくりであることに間違いなさそうです。

つぎへ

私たちが木の家をかたちにいたします

兵庫の木で作る注文住宅は、私たちが作ります。また、兵庫県のバックアップをうけ「県産木造住宅10倍増作戦」で兵庫県産木造住宅・木の家をご提供。

ページトップへ